スポンサード リンク
窓の杜フリーソフトでデータ復旧

インターネット上には、さまざまなフリーソフトがあります。データを復旧するフリーソフトから、テキストファイル関係のフリーソフト、圧縮解凍のフリーソフト、ゲームのフリーソフト、セキュリティソフトのフリーソフト、画像や映像、音楽などのフリーソフト、システム・ファイルのフリーソフト、学習・プログラミングのフリーソフトなどです。

有名な窓の杜にはさまざまなフリーソフトがあります。データ復旧をするフリーソフトもありますので活用してみるとよいのではないでしょうか。フリーソフトを検索するときには、データ復旧と入力すれば簡単にさがすことができます。窓の杜にあるデータ復旧のフリーソフトはDataRecoveryです。ごみ箱から削除したファイルを復元することができます。対応のOSは98、Me、NT、2000、XP、2003、Vistaです。ダウンロードうするには776KBの容量が必要になります。

DataRecoveryは、ハードディスクやリムーバルディスクなどから削除してしまったファイルを復元できますので便利ですよ。復元対象はファイル名で指定して検索することができます。またフォルダ単位でも復元することが可能です。また復元ができるファイルシステムは、FAT12/16/32とNTFSです。復元をするときには、画面の左側のドライブの一覧から復元をおこないたいファイルがおさめられていたドライブを選択します。詳しい使用方法などは窓の杜のウェブサイトからも閲覧できますし、ソフトのヘルプなどからも確認することができます。

データ復旧マニュアル 新着情報

ハードディスクは物理的に故障をしていないときも、システムファイルやレジストリが破損していることによって、Windowsが起動しなくなることはあります。そうなってしまうとデータを読み込むことができなくなります。しかし、物理的な故障とは違って、データが消えてしまったわけではないのです。きちんとWinwowsを修復すれば、データ復旧することができます。

その作業をおこなう際に注意点は、Windowsが修復する過程で、ハードディスクの中のデータが消えてしまう可能性があるということです。セーフモードWindowsが起動しない場合は、データ復旧するのは難しいそうです。そのため、多くの場合にはWindowsを再インストールすることになります。パソコンの多くは、Windowsだけをインストールするのではなくてリカバリーディスクを使って、ハードディスク全体を初期状態に戻してしまいます。

そのため、Windowsを復旧しようとすると、データまで消えてしまうことになります。大切なデータを失わないために、リカバリーディスクを使う前に、データのバックアップを取っておいたほうがよいでしょう。外付けのハードディスクにコピーしたり、CD-RやDVDにコピーしたりして保存しておくようにします。Windowsが起動しない状態で、データを取り出すのは困難です。しかし、コツがわかれば可能のようです。Windowsが起動しないのに、どうやってファイルをコピーするのかという疑問がありますが、ハードディスク内のシステムが破損していたとしてもCD-ROMからパソコンを起動させることが出来るためです。

データ復旧関連ニュース